医療用ウィッグとは何か


医療用ウィッグはどういった人が使うものなのか気になる方もいるでしょう。ウィッグにはたくさん種類があるので、ここではその中でも医療用ウィッグについて紹介します。

まず、医療用ウィッグは主にどんな人が使用するのかということですが、抗がん剤治療における副作用で髪が抜けてしまった方などです。治療をすることで髪が抜けることを恐れ治療を拒否する方も折られます。しかし、しっかり治療をしないとよくなるものもよくならない場合があるので、脱毛のストレスを少しでも軽減するために医療用ウィッグを使用するということです。

では、一般的なウィッグとの違いは何かというと、基本的に一般的なウィッグは地毛を活かして着用することができるタイプや、ヘアアレンジの延長線上として使うものがほとんどですが、医療用ウィッグの場合は例えば治療中などで敏感な頭皮の人でも使用できるような素材で使われることがほとんどです。また、抗がん剤の治療中などは髪の毛が全体的に抜け落ちてしまいますが、治療後は全体的に生えてくる可能性があるので髪の毛の量が大きく変わります。こうなると調節が難しくなりますが、医療用ウィッグの場合はサイズ変更が可能なものも多いのが特徴的です。

また、医療用ウィッグは主に病気や治療中の人が利用するウィッグになるので、患者のサポートも忘れてはいません。例えば精神面でのサポートがしっかりとしていたりなど色々な面でサポートをしてくれます。

Comments have been closed/disabled for this content.