医療用ウィッグの購入を検討している方はどんなウィッグを選択しようか迷っているかと思いますが、自分好みのウィッグを作るためには医療用ウィッグを取り扱っている業者の選び方も重要です。実際に業者と言っても数が多く、どこを選ぶか迷うことがあるので、ここでは失敗しないためにもどこの業者を選ぶといいのかについて紹介します。

まず1つ目はカタログ請求をすることができるかどうかをチェックしましょう。なぜカタログ請求をするといいのかというと、その業者だどのようなウィッグをつくることができるのか、どんな素材を取り扱っているのかを購入前にチェックすることが可能だからです。自分に合う医療用ウィッグを見つけるためには大切なポイントなのでカタログ請求は忘れずに行うようにしましょう。

また2つ目は細かな相談にも乗ってくれるかどうかをチェックしましょう。例えば一からオーダーメイドで作成をしたいという場合にどんな素材を使用したらいいのか、骨格に合う医療用ウィッグはどんなタイプかなど相談をしっかりと聞いてくれる業者であるかどうかもチェックしておきましょう。特に初めて作る人は相談ができるところに依頼をした方が好みのウィッグを手に入れることができます。


医療用ウィッグを選ぶときのポイントはさまざまですが、素材やスタイルについても慎重に選んだ方が失敗は少なくなってきます。自分に合う医療用ウィッグを選択するためにも大切になるので、ここでは素材やスタイルのチェックポイントについて紹介します。

まず素材についてですが、特に治療中の肌に着用するには素材にこだわっている医療用ウィッグであるかどうかをチェックする必要があります。医療用ウィッグには大きく分けて、人毛と人工毛、ミックス毛の3種類があります。人によって異なりますが、装着してみるとチクチクして頭皮に合っていないと感じる場合もあります。この場合かぶれてしまうことも考えられるので、どの素材が自分の肌に合っているのかをチェックしておきましょう。

また、スタイルにもこだわって選ぶと後悔することはありません。医療用ウィッグを選ぶときにはスタイルのこだわりは人それぞれですが、見ておきたいポイントとしては見た目が自然に仕上がっているかどうかです。見た目が自然ではないと、他人からウィッグだと気付かれてしまう可能性もあります。そうならないためにも自然さにもこだわりたいポイントです。さらに、治療中でもおしゃれなヘアスタイルが楽しめる医療用ウィッグがいいでしょう。


医療用ウィッグをこれから購入する人たちは何を選んだらいいのか迷うこともあるでしょう。実際に選び方で快適さなどは変わることがあるので、慎重に選ぶ必要があります。慎重に選ぶと言ってもどんなポイントを重点的に選んだらいいのか分からない人もいるので、ここではその中でも選ぶ際の2つのコツについて紹介します。

まず1つ目は医療用ウィッグの重量について確認を行います。医療用ウィッグは、基本的に毎日着用することもあるので、できる限り長時間着用していても疲れない軽さを実現できる医療用ウィッグを選ぶ必要があります。重みがあると負担も大きくなってしまうので、選ぶときには重さを感じない軽めの医療用ウィッグを選ぶようにするといいでしょう。

また2つ目は通気性にもこだわる点です。医療用ウィッグは基本的に地肌に触れることになります。そのため、通気性が良くないと頭皮が痒くなり、不快さを感じることがあります。特にウィッグの内側のネット部分は付け心地を大きく左右するポイントとなるので、熱がこもらないように通気性のいい医療用ウィッグを選択するといいでしょう。こだわることで一日快適に使用できる医療用ウィッグに出会える可能性があります。


医療用ウィッグはどういった人が使うものなのか気になる方もいるでしょう。ウィッグにはたくさん種類があるので、ここではその中でも医療用ウィッグについて紹介します。

まず、医療用ウィッグは主にどんな人が使用するのかということですが、抗がん剤治療における副作用で髪が抜けてしまった方などです。治療をすることで髪が抜けることを恐れ治療を拒否する方も折られます。しかし、しっかり治療をしないとよくなるものもよくならない場合があるので、脱毛のストレスを少しでも軽減するために医療用ウィッグを使用するということです。

では、一般的なウィッグとの違いは何かというと、基本的に一般的なウィッグは地毛を活かして着用することができるタイプや、ヘアアレンジの延長線上として使うものがほとんどですが、医療用ウィッグの場合は例えば治療中などで敏感な頭皮の人でも使用できるような素材で使われることがほとんどです。また、抗がん剤の治療中などは髪の毛が全体的に抜け落ちてしまいますが、治療後は全体的に生えてくる可能性があるので髪の毛の量が大きく変わります。こうなると調節が難しくなりますが、医療用ウィッグの場合はサイズ変更が可能なものも多いのが特徴的です。

また、医療用ウィッグは主に病気や治療中の人が利用するウィッグになるので、患者のサポートも忘れてはいません。例えば精神面でのサポートがしっかりとしていたりなど色々な面でサポートをしてくれます。